ホーム > 関節痛 > サポーターに頼らずに筋力をつけよう!

サポーターに頼らずに筋力をつけよう!

関節の痛み。よくコマーシャルで、膝の痛みとかコンドロイチンとか聞きますよね。階段を上り下りして膝が痛むとか、自分には関係のないことだなあと思っていました。これまでに腰痛とか五十肩とかの関節痛は経験していました。右の肩で五十肩をやったので、今度は左の肩に五十肩がいかないか心配です。デスクワークなどをしている時に、まめに体を動かして、家ではヨガをしたりして、とにかく動かして関節痛を予防しています。ところが最近歩いていて膝に違和感を感じるようになりました。特に階段の上り下りで鈍い痛みを感じることが多くなりました。とうとう来てしまいました。 膝のサポーターを購入してサポート力を高めました。けれども整形外科に行った時に、あまりサポーターに頼りすぎてしまうと自分の筋力が衰えるので、ほどほどにしておいた方がいいと先生にアドバイスをもらいました。サポーターは夏のうちは暑くてとてもつけることができません。痛みが引いてきたらウォーキングなどを適度に行って、筋力をつけなくてはと思っています。

痛散湯の評判・口コミ!効果、副作用、成分は?


関連記事

  1. 少しの運動で疲れてしまうならヨガはどうですか

    若者から高齢者まで大勢に健康食品は購入されていて、利用者は益々伸びています。が、...

  2. サポーターに頼らずに筋力をつけよう!

    関節の痛み。よくコマーシャルで、膝の痛みとかコンドロイチンとか聞きますよね。階段...